「五格」を知ろう|赤ちゃんの名付けに悩んでいませんか?姓名判断でお悩みを解決!

赤ちゃんの名付けに悩んでいませんか?姓名判断でお悩みを解決!

 

「五格」を知ろう

姓名判断の占い結果に従って女の子の赤ちゃんの名前を決める時、どのような事に注意すれば良いのでしょう。
そもそも姓名判断では、以下の「五格」を占います。

総格:姓名の総画数です。人生、特に晩年に大きく影響します。
天格:苗字(姓)の総画数です。家系の宿命を表します。
地格:名前(名)の総画数です。幼少期からの人生の基礎に影響します。
人格:姓の終わりの字と名の終わりの字の総画数です。性格、才能を表します。
外格:総格から外格を引いたものです。対人関係を表します。

以上のうち、「天格」はコントロールしようがありません。仮に「天格」の占い結果が「凶」であった場合には、名付けによって他の五格を「吉」に運ぶ必要があります。
(くれぐれも天格の結果だけで離婚などしないでください)

特に「地格」は、名前の総画数を基に幼少期から30代にかけての健康や結婚、友人や家族との関係を占います。可愛い女の子が、我が子が幸せな人生を送るためにも、この「地格」だけは何としてでも「吉」にしてあげたいものです。

それではどうやって、名付けによって「地格」を「吉」にすれば良いのでしょう。実は「大吉」とされる画数は全五格に共通しており、以下の画数が「大吉」とされています。

11画、16画、21画、23画、31画、32画、41画

では女の子の名付けを考える時、「地格」が上記画数に該当すれば良いのでしょうか。実はここに一つ、重大な注意点があります。
実は「総格」において、23画と32画の運勢が特に女性にとってリスキーなものとなっているのです。ですから女の子の名付けの際には、「地格」と「総格」に特に注意しましょう。

Copyright(c) 2017 赤ちゃんの名付けに悩んでいませんか?姓名判断でお悩みを解決!